【7】

ベビーちゃん〜1才! アカウミガメ

2001年6月上旬



沼ガメの池
【9】2001年6月8日 ちょこっとのぞいた『トライやるウィーク』活動
の取材に続いて、その足でウミガメのプールへ直行した。
ここは、いつでも人気のスペース。 
今日も、なにやらワサワサ人だかりがして、騒がしい。
沼ガメのお池とは大違い! Why〜?
思ったとおり、トライやる中2生の別組が 
トライ〜!やる〜!していた。
まぁー!あんたら〜なんちゅーうらやましぃこと〜させてもらえるのん〜私もやりたぁ〜〜〜ぃ!
ここでも、また同じことを思ってしまった。
 


アカウミガメ3才のプール


アカウミガメの成長の展示説明板


姫路市立水族館では、幼い海亀は、別水槽で飼育展示される。
今年9月に満1才・満2才・満3才と、さらに分けて展示。

それにしても〜随分と速いスピードで、でっかくなる\(◎o◎)/
やっぱり、お家では飼えませんなぁ。
 

 

9月で満1才のベビーちゃん専用の浅いプールは、
アカウミガメの大プールのすぐ横にあって、
いつでも「かわいぃ〜♪」の声が聞かれる場所。

そういえば、見に行く度に、なんかでっかく育っている。
ヌマガメの成長速度なんか、目じゃないほどに、
どんどん大きくなってくような印象を持つ。

『トライやる』をしてたのは、
大プールの脇にある砂の産卵場。
そのすぐ横のベビープールから
ベビーちゃんを取り出して、
なにやら、やっている。

あぁ〜、いぃなぁ〜♪ 触らせてもらえるんだ〜。

私のすぐ横で、柵の隙間に顔をつっこんで、
「ぼくもぉ〜だっこしたぁ〜ぃ〜!」
とお父さんを困らせている男の子。
君だけじゃないのさ、だっこしてみたいのは〜。
このオバサンだって・・・!

トライやる中2生、
どうも、カメに触るのが、初めてじゃないみたい。
トライやるも今日で5日目、最終日だもんねぇ。
エサやりなんか、
きっと、一番にやらせてもらってるよなぁ〜。
恒例の甲羅洗いも、体験したんだろなぁ〜。

「ここを、こぉーやってぇ、押さえるんだったなぁ。」
「うん!そこ!その前足、ちゃんと押さえて。」

カメを捕まえるにも、コツがあるらしい。
飼育係さんに、教えてもらったのかな?

確かに、赤ちゃんガメといえども、動きに力があって、
闇雲につかまえりゃあ〜いい、ってもんじゃないようだ。
前足をしきりにパタパタ、ペタペタ、せわしない。
捕まえたカメの身体を、あちこち調べている。
そして、2つあるバットに、分けて入れている。

「これは、、、、、どっちですか〜?」
「う〜ん、こっちだなぁ。」
「は〜い。」
「前足の付け根も、ちゃんと見ぃよ〜。」
「えぇ〜とぉ〜、、、、、」

つかんでる指の下を見るのは難しいよね。
見ようと離せば、前足パタパタされて、
見るどころか、逃げられそうになって、
大慌てしちゃうもんね。
あぁー、大変だ。
片一方のバットに選別されたカメは、
もう一人の飼育係さんに、片手で易々とつかまれて、
赤い薬みたいなものを首筋に塗られていく。

この薬には、見覚えがある。
大プールのアカウミのゴンゾー姫が、
皮膚病にかかって、治療してもらう時に塗られてた
赤チンみたいな薬。

ベビーちゃんも、感染したのかなぁ?

治療済みになったアカウミのベビーちゃんたち。

それにしても、全然じっとしていない。
前足ペタペタ、パタパタ〜脱走を試みる。

ほとんどのベビーちゃんは、プールに返されたが、
数匹は、飼育係さんとトライやる組二人に連れられて
バックヤードへ姿を消した。

トライやる組二人は、ベビーちゃんを
うやうやしく〜捧げ持つようにして〜。

6月25日(月)のベビーちゃん↓
 

ベビープールには、4匹しかいなかった。
他のみんなは、バックヤードかな?

「えぇお天気でんなぁ〜、ベビーちゃん!
 ご機嫌いかが〜?」
「いい気持ちだよ〜、ポワァ〜ンとね〜。
 甲羅のコケが、ちょっと目立ち始めたけどね〜。」

そして、カメラ目線でポーズしてくれた。
かわいぃ〜〜〜♪

 
indexへ    WELCAMETOPへ
inserted by FC2 system