【22】 さよなら、タイマイたち (ToT)/~~~

タイマイ

2008年10月9日




それは全く予期せぬ出来事だった。
野暮用で姫路市立水族館を訪ねたら、入り口の受付嬢が

「今、タイマイにタグ付けてるとこで〜飼育係さんは皆そっちに行ってますよ〜」

なんでまたこんな時期に?  ε=ε=ε=ε=ε=ε=ヘ(* - -)ノ
 

o(^o^)oワォゥ!
タイマイが歩いてるぅ!
こんな至近距離で、分け隔てるものが何もないのに、タイマイがこっちに来ようとしてる!
まぁ〜なんて夢見たいな光景でしょ〜♪

どうしたんですか?!
体測じゃないですよね?
どこか体調悪いんですか?!

「タイマイたちをリリースすることになって、タグ付けてたんですよ〜」

ぇえーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!
そんなの〜〜〜〜〜
姫路市立水族館が休館になってもウミガメたちは置いとくって・・・   ・・・   ・・・

「そう決まったんで、明日連れて行きます。」

「あーーーっ!おんなじタグ付けてるぅ!」
飼育係さん@ウミガメの父が目敏く見つけて指差した。
私のショルダーバックにはタグ(日本ウミガメ協議会の会員証)が付いてる。
なんせ来世は絶対アカウミガメ!・・・と心に決めているから。

タイマイの左後肢に付けられた黄色いタグは日本ウミガメ協議会仕様のものだった。


「そうなの・・・、どうやらわたし、明日の今頃は太平洋の大海原を泳いでいるかも〜」

「この姫路市立水族館暮らしも長かったから、ちょっぴりさみしいわ〜」

私はいっぱいさみしいよ〜〜〜〜〜。・゚゚・(T人T)・゚゚・。
なんで、なんで、なんで・・・

タイマイの右前肢の付け根近くに付けられた金属板のタグは、姫路市立水族館仕様のもの。
ちょっと出血して痛々しいけど、タグが2個付いてれば、
どちらかが欠落するような事態になっても、このタイマイの身元はちゃんと分かる。
マイクロチップも挿入済み。

プールで泳いでいた時にははっきり見えなかったけど、
この甲羅、ずいぶんと年季が入ってるんだね〜

さぁ〜て、水槽に戻そう!

三人掛かりでも大変そうだった。

この↓3頭のタイマイが旅立つ。
ここよりは、ずぅーーーーーーーーと広い大海原へ。

明朝トラックに載せられて、徳島の日和佐まで行くんだって。
そこからは船に乗り換えて、
えんやぁ〜とっとぉ〜、えんやぁ〜とっとぉ〜
ずーっと沖合いまで行ってから放流。

いろんな試練が待ち受けているだろうけど、
どうか幸運の女ガメさまに見守られて、たくましく生き延びられますように〜(-∧-)

もう二度と会えないかもしれないけど、
君たちの精悍な泳ぎ姿はずぅーーーっと忘れないからね。
プールの底でお昼寝してた姿も。

会うたびに和ませてくれて、いろいろ学ばせてくれて、いっぱい感動をくれて、
どうもありがとうございました。

(ToT)/~~~


アオウミガメやアルビノのアカウミガメや家島など数頭のウミガメを残して、
ウミガメたちは順次、本籍地に放流される予定だそうです。



なんと4年振りの更新でした。
♪〜WELCAME〜♪の何度かのリニューアルを経ても、消さずに残していたこの『ウミガメのプール』のコーナー。
私の宝箱、おもちゃ箱、タイムカプセルみたいな特別な思い入れがあります。
やっぱ、でっかいウミガメが大好き〜♪

 

indexへ    WELCAMETOPへ
inserted by FC2 system