WELCAMETOPへ

カメの冬越し・冬眠情報 Index  

愛亀に 乗り切ってもらうために〜



ペットとして飼育しているカメは、飼い主の都合や思惑によって冬眠と加温越冬の選択ができます。

でもカメには個体差・地域差・成育環境差などがあるので、一般的な冬眠情報がすべて我亀に当てはまるとは限りません。
最終判断は飼い主が下さなければなりませんから、来春、お互いが悲しい思いをしないためにも、
できるだけ我亀の情況に近い飼育環境にあるカメ情報をGETして、判断材料をたくさん入手されることをお勧めします。
近くの神社や公園などに住む野良ガメの様子を観察するのも、大変参考になると思います。

このページが選択のための判断材料の一つになり、その実際の手順の一部にでも参考にしていただけたら幸いです。

 

(1) 冬眠にメリットはあるか?
(2) 飼育の専門家のアドバイス(日本動物園水族館協会公式HPより)
(3) 冬越し(子ガメ)・冬眠のさせ方と注意点(姫路市立水族館仕様)

今年生まれの子ガメの冬越しのケージ (うちのイシガメの場合)
(4) 冬眠の実際  2002年初冬、姫路市立水族館の沼ガメの池&うちの場合
(5) 冬眠の実際  2005年度のうちのカメ池の場合
              
006年度(暖冬)のうちのカメ池の場合

         2007年度のうちのカメ池の場合

              2008年度のうちのカメ池の場合〜ing

 

 

 

 

inserted by FC2 system