【37】

梅雨

2004年7月4日 早朝産卵観察会(友の会会員対象)



姫路市立水族館では、例年、淡水カメ早朝産卵観察会を、6月毎日曜日に実施している。
公募なので、葉書などで申し込めば誰でも参加できるが、とても人気が高く、毎年、満員御礼状態。

これとは別に、姫路市立水族館友の会の行事として、7月第一日曜日に観察会が開かれる。
これも大人気で、今年は、80名の参加申し込みがあった。
この時、希望者には、カメの卵の貸し出しが行われる。(姫路市立水族館独特のタートル・バンク)
孵化したカメを飼育できなくなった時には、いつでも姫水に返却できるシステム。
カメの産卵数の都合で、昨年までは、ミシシッピアカミミガメの卵が貸し出されていたが、
できることなら、国産のカメの卵を貸し出して欲しいとの要望が強かった。
でもこればっかりはカメ頼みなので、クサガメがんばれ!イシガメがんばれ!
カメさま、飼育・繁殖を担当する飼育係さん、お願い〜(-∧-)

さぁ〜て、今年はどうなるかな?
 

5月14日

出足は、やはりアカミミ好調。
産卵していた場所↓の目印=赤い旗     「どこで産みましょかなぁ〜?」

甲高で、後肢の付け根のはみ出し脂肪もタップリの、産む気ムンムンのアカミミガメ♀
 
6月17日

がんばれ!イシガメ!!
飼育係さん、赤い旗の所を掘り返して卵を集める。

卵は孵化ケースに移されて、白濁の帯が出るのを待つ。
今年もクサガメ大健闘!

孵化ケースの中の
クサガメの卵

観察デッキより見下ろす。

この調子だと、
希望する友の会会員向けに、
アカミミガメではなく、
クサガメの卵が
配布できるかも・・・。

 
7月4日(早朝産卵観察会当日)

Oh〜クサガメが頑張ってる!
 

いつもは9時の開館直前に
池と産卵場との仕切り板を外す
が、今日は、観察会だから、
早々に解禁された。
 

 早朝6:51  坂の上から遥か眼下のカメ池を見下ろすと〜

カメ♀たちが、続々と上陸して、早速穴掘りをしているのが見えた。

 

7:19 産卵についての説明会

昨日7/3までの産卵回数は、
アカミミガメ=192
イシガメ=32
クサガメ=96
7:33 産卵場での注意説明

本日は当たり日?
飼育係さんも「すごいなぁー!」と驚くほど。
どのカメも一心不乱に、穴を掘り掘り。
観察者たちの気配にも、気後れする様子などない。

7:35 「カメさん、がんばっとんのやね〜。」

写ってる7頭のカメ全員が、奮闘中!

7:47 子供も大人も、産卵光景に興奮気味〜((○(^▽^)○))

埋め戻しを終えて、池に戻るカメもいて、お疲れさんでした!

それにしても、アカミミガメ軍団のエネルギッシュな産卵姿に、
これが野外の水辺でも実際にあることだと思うと、心が曇った。
これだけたくさんのカメたちの中に、和亀はクサガメ1匹しか見つけられなかった。
1回の産卵数も、1季の産卵回数も、外来種には勝ち目のない在来種。
でも、がんばれ、和亀たち!

今年の貸し出しの卵は、一人4個のクサガメの卵が用意された。
よかった〜よかった〜d(-。^)good!!
孵化の瞬間に立ち会える幸運な会員さんたちが、たくさん居ますように!

 

♪〜沼季〜♪indexへ   WELCAMETOP
inserted by FC2 system