【27】

  梅雨

   2002年7月6日 イシガメの産卵
 


7月6日の産卵情報掲示板

 早い春の訪れで例年よりも産卵開始時期が早まったことで
 産卵のピークも早くなり、どうやら峠を越えたようだ・・・
 との情報を得た。   ・・・何やら〜焦る。。。

 台風5号が朝鮮半島を通過して、梅雨前線がまたせり上がって来た。
 蒸し蒸しした荒れ模様のお天気。
 明日7日(日)に産卵観察会を控えていたから行くこともないのだが、
 たまたま近場で1時間程の空き時間が出来たのと、
 明日必ずイシガメの産卵に遭遇できるとは限らないので
 ひょっとして〜ひょっとするかも〜と思って ε=ε=┏( ・_・)┛
 カメ池に駈けつけてみたらば〜
 イシガメが穴掘りをしていたぁぁぁぁぁ〜〜〜〜〜\(@^▽^@)/

 

 13:12 真っ昼間。
 
 産卵観察デッキの東側からすぐ近くで
 柵壁から15cmほどしか離れていない場所で
 甲長20cmぐらいのイシガメが穴掘り中。

 この壁沿い2箇所でもアカミミガメとクサガメが穴掘り中だった。
 ところがこの壁際は、なぜか通路状態!
 30cm近いアカミミガメなんかが傍若無亀で往来していた。
 なにも〜こんな繁華街(?)で〜・・・と案ずるようなエリア。
 ここと決めたからには、頑張るぅ!って感じで、健気に掘り続ける。

 

13:12 穴掘り
13:14 

13:15 産卵開始!

13:19 何回目かの確認

右後足入れて〜ホリホリ〜 左後足入れて〜ホリホリ〜 頭をギューッ!と引っ込めて の位置を整えて〜

 

13:20 産卵中
13:23 死守?
13:26 産み納め
!!! あんたら何しまんねん! 5個で打ち止め・・・と見えたが〜

 

13:28 埋め戻し
13:30
13:33
13:36

左右順番に土を入れる。

産卵の目印の赤旗を
踏み倒されても・・・

めげずにせっせと埋め戻す。

あぁ〜コネコネ〜トントン〜

 

13:44 整地
13:44
 タイムアウトでこの後の観察が出来なかったが、
 翌日の産卵観察会で、「アカミミ・クサ・イシが前日産卵した
 場所を実際に掘り返してみましょ〜!」とゆぅ企画があって、
 このイシガメが産卵した場所を子供たちが掘り返すと〜
 なんと7個も卵が出てきた。
 あのお邪魔カメカメ〜されて、見えなかった時にも
 産卵し続けていたんだろうか?

 産卵が始まると、人の気配があっても産み続けるものだ、
 と聞いていたが、まさに一心不乱だったのかも。

 イシガメは一回に5〜7個産卵するそうだから、
 まさに平均的な産卵だったようだ。

体を支える前足の位置は
最初から変わらない。

左右の後ろ足を精一杯に
伸ばして土をかき集める。

 

姫路市立水族館カメ池の産卵調査(1984年)

  イシガメ クサガメ アカミミガメ
平均産卵回数 1.65±0.24 1.92±0.30 2.98±0.41
平均産卵数 6.74±0.55 8.28±0.80 8.83±0・42
平均総産卵数 10.70±1.85 15.49±3.31 25.88±4.36

by 長崎大学 柴田昌彦さん  (姫路市立水族館だより『山のうえの魚たち』No21より)

 
♪〜沼季〜♪indexへ   WELCAMETOP
inserted by FC2 system