【14】

  処暑〜白露

  2001年9月8日 get!冬眠情報(2)
 

日本動物園水族館協会公式HP の『動物ふしぎ解決板』の中より冬眠Q&Aを拾い出してみると
ここだけでも実にいろいろなアドバイスがあることが分かります。 以下↓引用
 
 
 クサガメの越冬法について教えて下さい。

 冬眠させて越冬する方法と冬眠させないで越冬する2つの方法がありますが、
 当園では比較的失敗の少ない冬眠させない越冬法を勧めています。
 その方法は、赤外線ランプやヒヨコ電球などで保温し、
 飼育器内の温度を15℃以下に下げないようにしてそれまでと同様に飼育するものです。
 忘れてならないのは、どうしても採食不振と日光浴不足になりがちなため、
 エサにビタミンA、D、カルシウム剤を添加してやることと、
 できるだけ天気のよい日には日光浴(飼育器ごとでよい)させることです。
 イシガメやアカミミガメ(ミドリガメ)も同様にして越冬させます。
 
 
                                    大森山動物園 (千葉克己)
.

 

 10〜11月頃からカメがエサを食べなくなったのですが。
 カメの冬越しについて教えてください。

 秋になり気温・水温が下がってくるとカメなどの変温動物はエサ食いが悪くなり、活動が鈍くなります。
 自然では、この頃から翌年の春まで水中や土中で冬眠をします。
 飼育下では、この冬眠をするための準備(秋までエサをたくさん食べたか、健康であるか)や
 環境が整わないことが多いのです。
 よって無理に冬眠はさせずに、ヒーターやスポットライトを用いて周囲を好適温度に保ってやると
 元気でエサ食いもよく冬が越せることができます。
         
                                      マリンピア松島水族館 (松川正史)
.

 

 冬眠をさせたいのですが、どうすればよいのでしょうか?

 クサガメは池や川底の泥のなかで、
 イシガメは川底の枯れ葉の下とか、土手の水に隠れたところにある穴の中などで寒い冬を越します。
 飼育していたカメを冬眠させる時は、
 まず水槽を温度変化の少ない日当たりの悪い北側の軒下など(ただし凍らないところがよい)に移して下さい。
 次に水深を30cm以上にして下さい。
 水槽が浅い時は、大形のポリバケツでもかまいません。
 底に枯れ葉をたっぷり入れ、ふたをして春までそっとしておいてやって下さい。
 夏の間に餌をたくさん食べて体の中に栄養を蓄えたカメは、水底の枯れ葉の下で冬を過ごすことができます。
 暖房のきいた室内で冬眠させてはいけません。
 昼と夜の温度差のある場所で飼うと、暖かい時間に動いた分だけ余計な体力を使い、カメが弱ってしまいます。

 冬に室内でカメを飼育する時は、
 熱帯魚用のヒーターなどを使って、昼も夜も夏と同じ水温になるように水を温めてやらなければなりません。
 なお、1才の子ガメはどこで冬越しをしているのか、まだわかっていません。
 子ガメの場合は冬眠をさせないで冬の間、室内でヒーターを使って飼育した方が安全です。
                                               姫路市立水族館 (湯浅義明)
.

 

 学校の池に入れたカメが秋が深まるといなくなって、春になると再び現れました。
 いない間はどこにいっていたのですか?

 (質問全文) 小学校の近くで昨年の秋、カメ(イシガメ・アカミミガメ)を発見し、
         学校の池(水深30cm)に入れてたが秋が深まりいなくなりました。
         ところが今年の春、再び現れ今も池の中で暮らしています。
         いない間はどこにいっていたのですか?

 (答え) カメは多分、冬を迎え水深30cmの池で越冬したものと思われます。
 そして春を迎え、水温の上昇にともなって冬眠から覚めて水中を泳ぐ姿が目についたものだと思う。
 池の表面に氷が張るような池でもイシガメやアカミミガメは越冬できます。
                                          名古屋港水族館 (内田 至)
.

 

 自宅でカメを飼育しています。冬眠させるにはどうすればいいですか?

 夏の間に十分栄養をつけさせておいてください。
 秋からでは遅いです。
 大きめの入れ物に土、落葉などを入れておけば、自分でもぐっていきます。
 置き場所は、静かで薄暗く、凍らない程度(5〜10℃)の寒いところを選びましょう。
 10℃以上になると冬眠しなくなってしまいます。
 
                          富山市ファミリーパーク(石原裕司)
.

 
飼育下にあるカメは、無理して何が何でも冬眠させる必要はないと思います。
なんせ素人が考える以上にリスクが高いものらしいですから。
個体差・地域差・成育環境差などがあるので、一般的な情報が我亀に当てはまるかどうかも分かりません。
いずれにしても、最終判断は飼い主が下すのだから、来春に泣きを見ないためにも、
できるだけ我亀の情況に近い飼育環境にあるカメ情報をGETして、
判断材料をたくさん入手されることをお勧めします。
近くの神社や公園などに住む野良ガメの様子を観察するのも、大変参考になると思います。
 
 
前回、【13】冬眠に向けて(飼育情報) 紹介した一般的な冬眠の方法は↓
 

 親ガメの冬眠のさせ方

 10月半ばになると、カメは餌を食べなくなります。
 翌春までの半年間を、カメは夏の間に蓄えた脂肪だけで乗り切ります。
 無事に冬越しできるかどうかは、蓄えた脂肪の量で決まります。
 あなたのカメがやせていなければ冬眠の準備を始めてください。
 水槽やポリバケツの底に
桜やくぬぎなどの枯葉を10〜20センチ敷いた後に、
 水を八分目まで張りカメを沈めます。
 容器にふたをして、春まで屋外の直射日光のあたらない、温度変化の少ない場所に置きます。
 水が凍りつかないように、おおいなどをすると良いでしょう。
                           
                               姫路市立水族館の公式HPの質問コーナーより

 
↑の『桜やくぬぎなどの枯葉』について、今一納得いかない点があったので訊ねてきました。
 

 Q1:どうして桜やくぬぎの枯葉がいいのですか?

   
ハゼの木などのように毒性のある枯葉もあるので、そんな心配のない枯葉、
   しかも冬眠の終わり頃になっても溶解したりせずに姿形が残っている枯葉、
   たくさん入手し易い枯葉、 それでドングリの実のなる木の枯葉はお勧めです。

 Q2:そのまま水に漬け込んでは、茶色の水になって灰汁のようなものまで出て来ますが?

   しばらく水に浸けて灰汁出ししてから冬眠容器に移し替えたらいいでしょう。
   茶色の水でなくなるまで、でも完全にしなくてもいいですよ。
   冬眠中は、その水を飲むわけじゃないですから。

 Q3:冬眠の途中で水の色が気になって来るんですが、水替えしてもいいですか?

   あんまりそうゆぅことはしない方がいいですねぇ。
   まだ冬眠の浅いゴソゴソしてるような初冬にはしても・・・・・
いいかも・・・しれませんが・・・・・
   冬眠にしっかり入ってしまった真冬には、なるべく触らないようにして下さい。
                                      
                                     姫路市立水族館(湯浅義明)
.

 
9月22日の山歩き会で、ドングリの実のなる木について教えていただいたので、ご参考までに↓
 
  落葉性のドングリの仲間(落葉ナラ類)はすべて
鱗片か針状の突起におおわれた殻斗(
ドングリのおわん)を
もっているコナラ亜属の仲間で、日本の温帯林を作っています。

ここ兵庫県辺りでは、標高800m以下に
コナラが、
中部地方ぐらいの気候の標高800m以上に
ミズナラ(オオナラ)
が自生しています。
カシワ・クヌギ・アベマキもその仲間。

木肌がボコボコ(ゴツゴツ)していて、
その樹液を好むカブトムシやクワガタの格好の住処。

  Q4:どんぐりの枯葉をカメの冬眠に使いたいのですが
   水に浸けると茶色く濁りますが、あれは何ですか?

   
タンニン。タンニンが樹の中にあると虫喰いにも強いんですが、
   樹はそれを老廃物として排泄しようとしています。
   だから垢が溜まるような感じで木肌がボコボコになるのです。
   また葉の中に押し込めて落葉させてることで出そうとしています。
   それで
枯葉色=茶色

Q5:タンニンは水に浸けとくだけで抜けますか?

   水溶性ですから、水に浸けとけば溶け出します。茶渋と同じ。
               

              姫路科学館「アトムの館」前館長(家永善文)

 
これからは、木々の紅葉が目に止まる美しい季節です。
どの樹の落ち葉拾いをしようなぁ〜と目星を付けながらのお散歩もいいもんですね〜。
ついでに野良ガメさんが居そうなお池なども見つけられたらいいですね〜。
 
♪〜沼季〜♪indexへ   WELCAMETOP
inserted by FC2 system